クレジットカードのデメリットについて

今の時代では持ってる人が多くなったクレジットカードですが、メリットもある反面デメリットも多いです。
そうした事も理解した上でクレジットカードを作るのが一番いいのですが、そうした事まで考えずにただ単にカードを作る人がいるのも確かです。
クレジットカード一枚で店では安かろうが高かろうが何でも購入出来てしまうのが、デメリットの一つです。
カードを持っていると気持ちも大きくなってしまい欲しい物は購入してしまうという悪循環に陥ってしまいます。
利用明細書が届いた時に払う事に精いっぱいで収入が少ないと生活も苦しくなります。
良くカードは計画的に使いましょうというフレーズも耳にしますが、払えるだろうという軽い気持ちで利用を続け支払い時に困ると言うデメリットにまんまとはまってしまったのです。
確かにカードで支払が出来、欲しい物もすぐ購入できるのは便利ですし気持ちが大きくなるのも確かです。
でも、こうした経験を元にしてしっかりと払える範囲での買い物を心掛ける様にしてきました。
クレジットカードのデメリットばかりを考えてしまうと、使うのは控えてしまいがちですが、上手く利用すればポイントも貯まり生活して行く上では便利な面が多いです。
何を買うにもそうですが、支払いもカードは必要最低限の利用にし自分で良く把握した上でカード支払いを利用するのです。
今では、公共料金等もカードで払え、引き落とし日もまとめる事が出来て便利です。
こうした事も、自分で手続きをしてだいたいの金額は把握できるので、普段の支払いでのカードもいくらまでと上限金額を決めた上で利用する事が一番です。
あくまでも、カードはデメリットばかりではないのでその辺は誤解のない様にしたいです。
海外旅行に行く時にも現地通貨がなくても、カード1枚あれば便利で支払いも楽になります。
不正利用等も聞かれますが、カードを利用するには預ける時にカードから目を離す事のない様にする事が一番重要です。
インターネットショッピングでも、クレジットカード支払いを利用する事もありますが、カード情報をいつ盗まれるかわからないので常に慎重ですし、信頼のできるサイトでしか利用する事はありません。
こうして書いていると、様々な体験をしてきた中でカード利用が悪い事ばかりの様になってしまっていますが、あくまでも自己責任での利用するので、利用した控えもすぐに捨てたりせず利用明細書が届くまで取って置き必ずチェックして不正に利用された形跡がないか、しっかりと確認してもしもおかしいと思ったらすぐに問い合わせするべきです。
過去には何枚かカードを持って使い分けていましたが、多くのカードを持っているとそれぞれに限度額が設定されているので、本当に使いすぎてしまいます。
自分自身、そうした経験もあり専門家に相談した事もあります。
ですから、カードは複数枚持つのではなく一枚あれば十分だという事。
多ければ多いほど、管理が難しくなり支払いも滞納してしまいます。
そして、破産と言う最悪な状況に陥ってしまいます。
なので、カードは本当は便利な物かもしれませんが使い方を誤ると人生も台無しにしてしまうと言うとても怖いものです。
本当に計画的に使うのが一番賢い利用方法です。

Copyright 2014 カードの選び方.com All Rights Reserved.